取引とは

  • 具体的に不動産の売却についての基礎知識については、次のようになっています。
  •  
  • ■ 通常仲介とは?

  • 不動産の売却については、一般的には、通常仲介と呼ばれる、先着順取引になります。 先に申し込みを入れた購入希望者であるお客さまとの商談を進めて行く方式になります。
  •  
  • 不動産会社の集客力や管理ネットーワークを駆使して、売主であるお客さまの希望条件にマッチした買主を探してもらえます。
  • そしてその不動産の購入希望者が現れると、取引、商談がスタートします。
  • その後、物件情報の開示を経て、売買契約を結んでいきます。 売買契約が締結された後、最終的に不動産の引き渡しを行います。
  •  
  • もちろん、実際に不動産仲介を依頼する前に、不動産の相場を知る必要があったり、不動産会社の選定や、物件価格の査定を依頼したり、その後、選定した不動産会社に仲介を依頼したり、また、不動産の売り出しを行ってたりといった事前のステップもありますので、個人だけの力では、なかなか理想の不動産売却というのは、実現が困難ということになります。
  •  
  • 不動産会社への相談なら、これらのステップについても、安心で丁寧なサポートを受けることができますので、相談の際に、しっかりと売却プランやライフプランについても相談するようにしてみてください。
  •  
  • しっかりと、不動産という価値ある素晴らしい資産を活かす売却活動をしましょう。